我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「編み出した私流の洗車方法」です。

 みなさん、こんにちわ。水の心です。

今日は、曇りで一日がスタートです。

先日から引っ張っている、中古レコードの買取の支度で、午前中は過ぎ、これから今日のブログの更新です。

 今日の表題の「totobig」ですが、前の記事にもある、6月28日当選分

cocoro-hobbies.hatenablog.jp

 

は、外れてしまったのですが、その後、totoのサイトを見ると、7月5日の抽選日とあり、どうも、おおよそ1週間ごとに、発売、抽選を繰り返している事がわかりました。

 そこで考えました。

買わなければ、当たることは無い。しかし、当たる確率は、かなり低い。

そうだ、7月いっぱい購入してみたらどうだろう?

1回であきらめる。それは、簡単だ。

何回か買って、一枚300円の元でも、取れればいいではないか。

 

 現在、食料品購入は、私の役目なので、300円×5回、1500円位なら、等価の食糧品を減らし、くじ購入が出来るはずだ。

 

 名付けて、オペレーション「totobig」です。

当たれば、「バンジャーイ!」当たらなければ、「バンジャーイ、無しよ?」

長い名前の、「独立行政法人日本スポーツ振興センター」との、1か月間の我慢比べです。

 

 私はここ何年か、分厚いステーキを食べるチャンスがありません。

まさか、子供の頃、松本零士氏の漫画に、よく描かれていた、「ビフテキ」食べたい、という描写が、中年の、自分の身に降りかかるとは、思いませんでした。

現在は、インスタントの「ラーメンライス」の生活に近い気がします。

 

 さて、7月5日発表分、第776回のtotobig結果です。

そうなんです。また残念な事になりました。これから一か月間の、長い戦いになりそうです。既に、当たった際の予定など、もう期待などしません。してはならないものなのです。

 

 さて今日は、梅雨時でもある事から、私の好きだった、洗車の事について書きます。

現在私は、製造から12年超の、生産中止車に乗っています。運転するにも、車の知識が無いと、色々危険なため、自然と覚えていった知識です。

 

 10年前位から、中国大陸発の黄砂が、激しくなり始め、洗車も気を使う様になりました。

私のやり方は、まず、車全体に流水をかけ、大きなホコリを流します。

かける流水が足りないと、ボディに付いた、砂が雑巾に噛み込み、コスリ傷の原因となります。

最初は、流水をかけながら、ざっと雑巾を軽く当ててサラッと、汚れを落とした方が良いかも知れません。

それから、バケツに張った水に、家庭用中性洗剤を入れ、しっかり泡立て、雑巾を浸します。

そして、泡を沢山つけて、軽ーく洗っていきます。

やはり、ゴシゴシは傷の元です。

雑巾が地面に落ちた場合は、迷わず捨てた方が良いです。そうして、グルリと洗ったのち、泡を流水で流します。

 早目に流さないと、日光がきつい場合は、泡が蒸発し定着、ウオータースポットの原因になるので、手速く流します。

それから、拭き取り専用タオルに変え、しずくを拭き取っていきます。

その際、トランク、ドア、を開け、パッキンのところを拭いていくのが、テクニックです。

 

  そうして拭き上げたら、私のおすすめ、カルバナワックス・ノーコンパウンドの「シュアラスター・インペリアル」を、乾いたキレイなタオルに、軽くつけます。

私は、スポンジは使いません。

あまりワックスを、ベッタリつけると、かえって、油脂が固形化し、取れなくなってしまうので注意です。

薄く薄く伸ばしていく感じで、ボディに塗っていき、全体に塗れたら、タオルのキレイな面を使って、余分を拭き取る感じで、軽く拭き取っていきます。

  あと、軽いコスリ傷等で黒ずんだ所は、コンパウンド入りの、ワックスを少量使い、そこだけ、軽く磨いておきます。

という事は、通常時はコンパウンド入りは使わない、という事になります。

 

  雨天の走行が多い場合は、「キイロビン」で、フロントガラスの油膜を落とし、「アメットビー」で、サイドの窓、後ろの窓と撥水加工します。

 サイドミラーは、撥水が効かない方が良い、という意見も有り、これは好みだと思います。

 

  ドア、トランク、ボンネット等の、ゴム製品の劣化防止にはCRC556のKUREの「ラバープロテクタント」

  

 あと、かなり困っている方も多い、と思うのが、ヘッドライトの曇りです。

これはポリカーボネート樹脂が、紫外線で黄変するのが原因で、解決策は全て手間がかかってしまう様です。

 

唯一、安くて簡単な方法は、「ピカール」で磨く事でした。私は、ボディ等塗装に、はみ出さない様にして、ヘッドライトを磨いています。

 

 磨き後は、真っ透明では無く、薄い飴色のような感じすが、それでもツルッとしたイイ感じになります。

一応溶剤入りなので、水で流す等の対策も要る、と思います。

  大体、これが自分の洗車とワックスのやり方です。車好きや、ディーラーの人から聞き、2ちゃんねるの車板から拾った情報の蓄積です。

 

 現在は、私の住環境の変化により、自宅で洗車が出来なくなり、更に、街の洗車場も、どんどん減って、結局、ガソスタのコイン洗車500円で、我慢している状況です。

 

機械の荒い傷の増加には、まず洗う事を減らすのだと、たまに雨の日を狙って、乗り出し、ホコリを流し落とし、コイン洗車は年数回に抑える状況です。

ディーラーの洗車は、1000円からです。

ビフテキ」代です。

 

 結構、洗車コーティング業の脱サラ独立自営業は、多いみたいで、コーティングの要メンテとして、年に何回か、加工に入れなければならないものらしいです。

技術を手に入れ、太いお客さんが付けば、細々でもやっていけるのか?と思ったりするのですが、怖いヤカラの洗車で失敗して、土下座させられて動画を晒されたり、鳴かず飛ばずで、借金だけ残って、MeがFly awayするのも、死期が早まるばかりなので、願望だけにしておきます。

 

 では、みなさんも、楽しい洗車で、車も長持ち!安全なカーライフを、お楽しみください。それでは、次の更新まで!