読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「スーパー」で買い物です。

 みなさん、こんにちわ。水の心です。

今日は我が家の食事事情です。私は一週間の食糧の買い物を一回の外出で行います。

f:id:mizuno_cocoro:20150801164715j:plain

昨年は小さく2回に分けて、近くのスーパーに行っていたのですが私が面倒くさくなり、最近は自家用車を使い、大量に買ってから帰宅します。

また自治体の分別ごみのせいで、牛乳パック、トレイ、ペットボトルを個別に出さなくてはなりません。夏場ともなれば牛乳の消費量が多くなり、パックゴミもかさばります。

幸いな事に、行きつけのスーパーに専用ゴミコンテナがあるので、そこにそれらを捨ててから買い物開始です。

 

 使っている自家用車の燃料も困った事です。

レギュラー1ℓが136円前後で動きません。強制円安を口実に安くなる気配はありません。

古くて燃費が悪い私の車ですので、燃料はいつもレベル半分より下25ℓ以下で購入、車体を軽くして燃費を稼ぎます。夏場はクーラーも使い、ますますガソリン消費量は増えます。なので最近は買出し以外の車両使用は、控えるようになりました。

 

 さていつも同じスーパーですので、ほとんど買うものは変わりません。という事は家庭で作るメニューもあまり変わり映えしません。ですが、そこは物が良くて安いので、非常に気に入っています。

 

 低所得層向けスーパーなので、何年か前までは客の入りは少なく、盆暮れ正月以外は、静かに落ち着いて買えるスーパーだったのですが、現与党の消費税上げから、どんどん一般の買い物客が増えてきた、と思います。

割といい車も止まってたりするので、目ざとく中流層に発見されてしまったようです。

 

 40歳越え位から、食い過ぎると、胃がもたれる様になりました。何回もあったので、たまたまではありません。

昔はそうでなかったのに。衰えはこんな所から実感します。

そこで成人病予防や繊維質を摂る為、野菜を買います。

レタス、ジャガイモ、人参、キャベツ、ブロッコリー100円前後の物を中心に買います。うっかり買い過ぎると、結構高額になるので注意です。ごぼうや大根は、こんにゃくと圧力鍋で煮るのが定番です。最近レタスが、割と安く長持ちするのに気が付いて、毎回買う様になりました。

 

 そして魚。

刺身を買いビタミンミネラル補給とし、干物やサバ等煮たり焼いたり出来る物で1週間を持たせます。

季節のアユが出ていましたが400円オーバーで、いい値段がします。美味しそうですが当然様子見です。

そして肉。

前まで安かったオージーの、大きな草履の様なステーキも、最近は500円オーバーになり手が出ません。なので、豚肉と鶏肉中心です。

味付けしてあり焼くだけのパックもあり、これは楽で大変助かります。

 

 それから牛乳、ヨーグルト等を買い、菓子パンや甘い物、茶うけ等を買います。

やはり砂糖や甘い菓子は、量は要りませんが、あると生活のいいアクセントになるので購入します。

 

 そんな私が気に入っているのが、魚肉ソーセージです。

4本入り190円前後で、簡単に腹の足しになるし、個別食いが出来て常温保存もきき、なかなか便利でヘルシーな食べ物です

過去は、かなりヤバい添加物が入っていたそうなのですが、最近では添加物も少なくなったとアピールされています。若干塩がきついので毎食には向きません。

調理すると貧相な味になるので、私は生で丸カジリが好きです。ですが最近は出費の上昇を抑えるため、購入を控えています。

  ほか寒い時期などは、冷凍食品のたこ焼きなど保存のきく、「食いで」のあるものを購入し、メインの補助にします。

 

 大体1週間の食費は基本で7000円から8000円です。が、やはり消費税が8%になったあたりから、レジで支払い時1000円がプラスされる様な感じになりました。

実質の値上がりです。

 

 消費税導入は1988年「ウイッシュ竹下登」政権からなんですが、企業努力で安い製品を作ったり、企業がクッションの役割をしていたと思います。

それが昨年「アベノミクス」を言い始めた頃から、企業努力も追いつかない上、賃上げの為に政府は値上げを推奨し始めました。ですが円安で輸入品価格は上がるばかりです。

 

バナナも先々週から1.6倍の値段になっていました。

ホットケーキやパンの小麦粉もそうですし、輸入食材による副食の楽しみは無くなっていきます。とりあえず牛乳と米はかろうじて価格が押さえてある様に思います。

 

 昨年、トリクルダウンの説明や、物価価格の値上げによる賃上げ、国民総生産の上昇など、TVで語っていた企業シンクタンクの方々は最近姿を見ませんが、どこに行かれたのでしょうか。

 2001年小泉政権から産業構造を、製造業からサービス業に転換し、リストラ、終身雇用の廃止、更に派遣業種の制限を外しました。

 政府主導の物価値上げで賃上げに回ったろうお金は、政策によって作りだされた非正規労働者層にまで行き渡ってないのではないか?

もしかしたら日本銀行券の流れが、ある所得以上の層でストップしてしまったのではないか?

官僚制はサンクチュアリとなり失策や海外との折衝を消費税増税で補填しようとしているのではないか?

 

どうも最近、満足な量が食べられないので、つい幻覚が広がります。

今日の昼は、スパゲッティを湯がいてフライパンで塩コショウと焼きます。これなら、オカズは無いけど腹一杯食べられます。

 

 私は、多分保守寄りだと思いますが、どうも最近政権与党の悪ノリに近い政策が気になって仕方ありません。無関心な者、好意を抱いていた者も、一回痛い目に合えば、アンチになります。

国内に相次ぐ大事件や治世は置いてけぼりで、右左関係なく金の方向を向いてまっしぐらの様に思います。ここにも世の中の漠然とした不安感、ギスギス感の原因があるんだと思います。

 

何かに操られた様なデモや、シュプレヒコールはいつか見た光景です。ポル・ポトの赤色革命は自国民100万人以上を殺害しています。わざわざ乗っかる程ヒマではありませんが、そんな歴史を振り返らない、頑なな与党の態度は納得がいきません。

どうせならスパイ防止法の方を先に通した方が、地固めや説明はしやすいと思います。

 

「ウッいけない! もうこんな時間だ!」

腹が減ってご飯を食べたら寝てしまっていた様です。少しばかり夢を見たんだと思います。

 ではみなさん今日も、体調に気を付けながら、水分補給を忘れずに!それでは次の更新まで!