読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「ラーメン」です。

 みなさん、こんにちわ。水の心です。

今日は「ラーメン」の話です。

f:id:mizuno_cocoro:20150801163625j:plain

 現在、我が家ではスーパーでの買出しの際に「カップ麺」「5袋入りの乾燥めん」「2本入り棒ラーメン」「日清、行列のできるラーメン店」のシリーズを、ローテーションで買っています。

 やはり、季節が夏になると、手軽さからカップ麺の人気があります。そこでよく買っているのが「サンポー」の焼き豚ラーメンです。

価格は99円で、味も良く、中に入っている具も、チャーシュー、紅ショウガ、調味油と、しっかりしています。

 

 しかし、カップ麺もゴミ出しの際には、脂ギトギトのカップを洗ったり、始末しなければならないので、後片付けが簡単で低価格な「袋麺」を買う時があります。

その中でも、たまに発作的に購入するのが、「日清、チキンラーメン」です。

あの苦みや、黄色っぽい麺、オレンジのツユ。

毎回買って一回食べると満足してしまうのですが、たまーに買ってしまいます。

 

 我が家では、必ず鍋で煮ます。お湯を注ぐだけでは、麺に芯が残り、おまけに冷めてしまうし、これは美味しくありません。

鍋で煮えたら、溶き卵を投入しグルグルかき混ぜて蓋をして終了。食卓に持って行く間に卵も固まり、食べ頃です。

 ツユのキツイ塩味と結構な脂分が、卵で中和され、まろやかな風味になります。

 

 次点で、「うまかっちゃん」です

これも5袋入りで「チキン」同様若干高いのですが、たまに豚骨臭いラーメンが食いたい時に購入しています。調べるとその歴史は古く、私が中学生の頃に発売されているので、なじみ深いはずです。

うまかっちゃん」は、スープに卵が合わず、麺自体も量が少ない為、量の水増しが出来ず、ちょっと食べ足りない感じが残念です。

 

 また、それらに飽きた際には「マルタイラーメン」「福島ラーメン」のいわゆる棒ラーメンを購入します。これらは大体100円オーバーはするので、ちょっと高いのかな?と思います。

この棒ラーメンは、そうめんの様に麺が棒状で、上手く作ると、麺に歯応えが出て、ツルツルシコシコになります。

どうもラーメンというより「中華風日本そば」という感じかな、と思います。

スープは、あっさり醤油ベースなので、麺も含めて全体的にボリュームが無い様な気がします。

 

ですが、気に入っているのは「冷やし中華そば」として作る事です。

これは、実際「マルタイ」の袋裏面に書いてあるのですが、

麺を湯がいて流水で洗い、

袋スープ、調味油、水90㏄、砂糖、醤油、酢を大さじ1、1/2、1 で混ぜ、

「冷やし用スープ」を作ります。

先程の麺を皿に入れて、スープをかけて「冷やし中華」完成。

という感じで、夏限定で作っていますが、私はこちらの方が、美味しいのではないかと思います。

 

 そしてラーメン屋には行きたいが、服を着るのがめんどくさい。

そんな時の為に買うのが「日清、行列のできるラーメン店」シリーズの「コクとんこつ」です。この「行列のできる」は、保存期間もあり、味もかなり一般店舗の物に近いと思います。

 

 ですが、このタイプで難しいのは麺の「ゆで時間」です。

うっかり4分近くゆでると、麺が膜を張った様になり、ズルズルになります。

これは非常に美味しくない。

なので、私は2分を限度に湯がきます。

もう少し早くても、スープの中でも伸びてゆくので、誤差の範囲です。

あとこのタイプは、凝縮スープを湯でのばすのに、別途に、お湯を沸かさなければならないので、手間が少しかかります。

 

しかし、冬の寒い時期などは、味も本格的で、ラードこってり、スープのとろみもあって、麺もほぼ店屋と変わらない出来栄えなので、

「ラーメン イーガー!」

思わずラーメン屋を開こうかと思ったりします。

 

 またどうしても外で食べる場合は、九州ラーメンのチェーン店に行きます。

そこは「高菜」「ニンニク」「スリゴマ」が入れ放題で、店内は、とんこつで臭い位です。

そして麺も「粉落とし」「針金」「バリカタ」「カタメ」「フツウ」と何段階も硬さが選べます。

「粉落とし」?

さすがに胃に悪そうです。私はいつもカタメで頼んでいます。

たまに、替え玉が無料の時があり、その時を狙って行ったりするのですが、たまたま隣の若者が私が店を出るまでに、3つ替え玉を頼んでいました。

「やるな若人!小麦粉食い過ぎんなよ?」

  私は、替え玉は2つまでと決めています。それはスープがどんどん冷めてしまうので、結果美味しくなくなるからです。

 

 一般のラーメン店で、一番安いラーメンでも700円オーバー、すぐに1000円越えしてしまうので外食予算には要注意です。

 

 また、極たまーに行きたくなる店が「天下一品」

こちらは、学生の頃、先輩に連れられて行った店なんですが、

「なんだこのドロドロスープ」しかも「唐辛子味噌」なんかあるぞ?

しばらく近寄る機会が無かったのですが、10年近く前、割と近くに店舗が出来てからは、たまに行っていました。

 

 私は頼む際、必ず「汁多めで!」とオーダーします。

天下一品は、あのスープがウリなのです。

たまに50円別個に取られていましたが、最近は取られなくなっていました。

麺は太く、ゴムゴムしいので、あまり魅力は無いのですが、あのスープの喉越しと、舌の上に残るザラみ。

ジャガイモ?鶏肉の粉砕したもの?卵?未だに不明なのですが、あのスープを味わうために、夜半、車を飛ばした事もありました。

 

 そして、おとどし久し振りに行って注文した所が、異常に塩辛いのです。

「腎臓やられるでヨ?」

当然スープ多めを頼んだので、全部吸いましたが塩辛かった。

それから、再確認でまた行きましたが、やはり塩辛い。

どんぶり一杯に塩4つまみ位入れた塩辛さです。

なんかみんなセットとか頼んで、普通に食べてるし、私だけなのか???

 

その件以降行ってないのですが、明らかに味見してない外食屋もあると思うんですが、何にしても、外で食べる物が異常に塩辛く感じるのは私だけでしょうか?

 

 また、デパートの物産品展があった時など、そこのイートインで、北海道の名物ラーメンや他の名産ラーメンを900円近く出して食べる事がありました。

名前は聞いたことある店だったのですが、スーパーで買うラーメンより美味しくなかったりして、「この業界もいろいろ大変ね!」と思いました。

 

 ラーメンは既に国民食で、一人一人好きなラーメンや思い入れがあると思います。浮かぶ背脂、分厚いチャーシュー、アツアツのスープ、シコシコチュルンと入っていくソバ。みなさんコレステロールと血糖値には注意しつつ、ラーメンライフを満喫して下さい。

それでは、また次の更新まで!