読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「健康診断」です。

 みなさん、こんにちわ。水の心です。

今日は「健康診断」です。

f:id:mizuno_cocoro:20150829160301j:plain

 無職の期間が長い私は、意識して、集団健康診断等を受けに行かなければ、あまり健康を気にすることが出来ません。

かと言って、何か大きな病が発見されても、高額治療費など無いので、それはそれでマズい事になります。

 

 その昔、正社員だった時は、定期健康診断を受けていました。

特に持病は無く、飲酒もせず、喫煙だけがヒドイくらいで、若かったという事もあり、特に問題はありませんでした。

 

 ですが、一つだけ、血液検査で、いつも悪い数字が出ていました。

激しいスポーツをするわけでもなく、普通に、ブラブラゴロゴロする若者だったのですが、その数値はいつも高く表示されていました。

その数値はɤーGTPというもので、

油濃い物、高カロリーの物を食べ過ぎて、脂肪肝、人間フォアグラの様なものになっている。なので「減量が必要!」という事でした。

 

 そして、遂に今年の7月、8年ぶりくらいに、自治体主催の健康診断に行ってきました。費用は、所得条件該当のため無料。

 非正規労働の期間も長く、健康診断など受ける時間も方法も無く、全く、自分の体がどうなっているのか、わからなかったので、今回は張り切っていってみることにしました。

 

 また最近密かに重要視しているのが、大腸がん検診です。

今年になって、貧困はヒタヒタと迫り、

食べ物の質や量が低下、あっさり体重が8キロ減りました。

煙草をやめてから約10年。以来83キロでガンとして動かなかったのですが、簡単に減っていました。今まで無かった事です。

結局、禁煙前の体重に戻っていました。

非常に怪しい。

 

 さらに、最近あまりウロウロ動かなくなったせいか、排便が、不規則な時があります。これも今まで無かった事です。

中年になると、極端な体重の変化等には気を付けた方がいいと思います。

想像すると本当に恐ろしい事です。

 

 そこで、今回は、通常検診と、大腸がん検診の2つを選択しました。

 

  そして当日。

「年寄りが多いーッ!」

最近は、年寄りと言っても、60代はピンピンしています。

爺たち、余った時間で、何か国家政策事業にボランティア参加したら、非常に国の何かが良くなるような気がします。

 

 会場の集会所は、子供連れ、爺、婆が沢山腰かけて待っており、人ゴミが面倒くさいので、人が減るまで廊下に立って、順番を待ちます。

  順番が来ました。

そこで、名前と記入書類での本人確認、当日のおしっこと、がん検診用の便を渡します。

今回、わかったのは、便は前日のものでも良いとあったので、余裕をもって挑む事が出来ました。それらは日をずらして計2個取り、冷蔵庫で保存して当日に備えました。

 

 身体測定と腹囲の測定が開始されました。メタボ計算の為です。

脈拍の測定。当番医の問診。

私自身、特に問題はなかったので、

「お世話になります」「はい、息吸って~吐いて~」「ありがとうございました」で終了です。

 

 そして、血液の採取。小さな容器に3本とられました。真っ黒な濃い色です。

 そして、最後、保健師さんと面談し

「ɤーGTPなどの肝臓の数値は、極端に悪いとそれは、即病院行きなのですが、ひとまずは今回の検査結果を確認して、悪そうであれば、早目に病院に行ってください」とのことでした。

多分、なんでも前兆はあるだろうし、あまり心配しない様にしました。

 

 実施から一か月、健康診断の結果が来ました。

表を見て行くと、

腹回りが91㎝で、BMIが25.8とありました。調べると肥満度1。

小学生の頃は、まるまる太っていて、よく「マタずれ」を起こしていたのですが、現在これくらいなら、許容範囲でしょう。

 

 そして肝機能検査は、GOTが23、ɤーGTPが33、GPTが37で標準より7ほど高い。

アルコールは金銭的に飲む余裕がないのですが、多分高タンパク、高カロリーのものが好きなので、結果そこだけ少し高いのだと思います。

 最近は控えざるを得ませんが、こってり脂の塊が付いたステーキや、プルプルホルモン小腸焼き、バターの乗った味噌ラーメン、甘い生菓子や、生クリームケーキ、鯛焼きの様な、日本焼き菓子も大好きなのです。

 これはやっぱり、若い頃からの脂肪肝だと思います。

 

 血糖値、尿たんぱくも異常無し、血液検査も標準値以内。腎機能も問題無し。

そうして最後に気になる大腸がんも陰性。

ホッとひと安心しました。

 コメントは「メタボに注意、油濃い食べ物に注意、運動と減量に努めなさい」というものでした。

 

 また、今回大腸がんは陰性でしたが、時間が少しでもある方、私と同じような環境の方は、安心の為、早い検査をお勧めしたいと思います。

自覚症状として

「血便」

「下痢や便秘などの便通異常」

「腹痛」

「腹部のしこり」

「貧血」

「嘔吐」

「体重減少」です。

 

 大腸がんの自覚症状は、非常にわかりにくく、出血は痔と勘違いされる事があるそうです。アチコチ転移する場合もあり、そこから原因を探っていくと大腸がんだった、という事もあるそうです。

早期にはポリープ切除等、対策が簡単に済む場合もある、と聞きます。

上記の症状、心配がある場合は、とにかく早く診てもらった方が良いと思います。

 

 また今回は、たまたま何も出ませんでしたが、肺がん、脳、循環器系など、細部の有料検査はしていないので、まだまだ完全ではありません。

男性特有の泌尿器系疾患も加齢により、起こるそうですし、実際見たり聞いたりすると、不安になってきます。

 

 正直、ピンピンコロリで、うまい事迷惑をかけず、やりたいことはやって片付けて、あっさり「さらば!」出来ればいいなぁ、と思いますが、人生そんなに簡単じゃなさそうです。

 生きていると、いろいろ心配事が出てきますが、それを解決するのにも、生きるしかない、という所でしょうか。・・・ガーッデム!シーット!ナンバーテーン!

では、みなさんも頑張って、早め早めの検診で健康ライフです!

 それでは、次の更新まで!