読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「Youtubeにアップ、その後」です。

 みなさん、こんにちわ。水の心です。

今日は「Youtubeにアップ、その後」です。

f:id:mizuno_cocoro:20160509232337p:plain

 ブログ連動企画の1回目から動画を4本をアップしたのですが、その中でソフトや、録音機材でいろいろ進歩した事がありました。

 

cocoro-hobbies.hatenablog.jp

  1回目は「バッハのフーガ・ト短調」をギターで弾いたのですが、その時ノートパソコンに入っていたオンライン用録画録音ソフトをそのまま使って、ギターアンプから、ノーパソに直につなぎ、録画しました。

 

 バッハの時はそれで良かったのですが、ベース部とリード部分を分けて多重録音した、アニメ「グレンダイザー」ED曲は、録音レベルが大きすぎて音が割れてしまいました。

しかも、アップした途端「低評価」が付く事態です。

 

cocoro-hobbies.hatenablog.jp

   この音割れを何とかしたいと思いつつ、せっかくあった中古エフェクターBOSS「MM-2 METAL・ZONE」と「DD-5 Degital Delay」も使いこなしたくなりネットで検索。

f:id:mizuno_cocoro:20151116153829j:plain

中古だったので説明書がありませんでしたが、公式サイトでマニュアルPDFデータを発見。

「あった!マニュアルが!もっと早く調べとけばよかった!」

今まで雰囲気で使用していたのですが、これで少しは使い方がわかった気がします。

f:id:mizuno_cocoro:20151116153843j:plain

 10WアンプのGAIN(歪み)だけでは迫力無い音が、エフェクターを通すと「ミ”ィィィー」とそれらしく歪みます。

更にDelayの使い方が分かり、エコー作用による広がりが出てきました。

 

 「スゲェぜ!」

新しい物を買わずに効果抜群です。買っといて良かった、昔の俺!

購入は既に10年以上前になりますが、何でも身近にある時に買っておいて正解です。

 

 それを利用し3本目「魔女っ子メグちゃん」OP曲を録画。

 

cocoro-hobbies.hatenablog.jp

 これは弾いた苦労の割には需要が無く、自分だけが視聴している状態です。

 

 エフェクターをつなぎ効果万全の状態で録音したのですが、ノーパソにジャック直刺しで録音すると、録音レベルの調節が出来ません。

もしかしたら何か録音ソフトが出ているのじゃないか?と調べてみました。

 

 「ありました!」

DTM(ディスク・トップ・ミュージック)といわれるソフト。

これがあれば、いわゆる打ち込みによって作曲、演奏、録音が出来る、というものです。

これなら、ドラム、キーボード、ベース、パーカッション、コーラス、ストリングス等々、自分一人で多楽器を使い、曲を完成させる事が出来るのです。

 

 「しかし待て待て」

私のしたいのはギター録音で、作曲ソフトの使い方を憶える余裕がありません。

更に、そのソフトを使うにはギターとパソコンをつなぐ「インターフェイス」という機材が必要で、宅録必須アイテムなのがわかりました。

価格は上下ピンキリ。

数千円から数万円で購入する事が出来るのですが、すぐの話になりません。

 

そんなわけで「DTMソフト」以外の、ミキサーや多重録音が出来る最小限のソフトが必要だ!という事で調べました。

 

 「Audacity、これだ!」

早速、導入。

マイクや、ケーブルからの録音と、エフェクトがかける事が出来、録音レベルの管理も出来るソフトです。

 

 説明すると

ギター

エフェクター

アンプ

アンプPHONE

出力ケーブル

ミニジャックに変換

パソコン背面のラインインへ

 

で、物理的な接続は完了。

全てがアリモノで接続でき、ソフトもフリー。

非常に助かります。

 

 「録音開始」

 

音がクリア!録音レベルも、目で見てわかるゲージが付いている!

 

 しかし、この「Audacity」は、使い方が少々難しく、編集方法がわからず作業ストップもしばしば。毎回録音ボタンをクリック、チマチマ録音消去する作業はちょっくら難しいです。

 

 しかし「Audacity」のエフェクトには驚きます。

伴奏に合わせて弾いているつもりでも、自分の演奏がつんのめって走ってしまったり、コンマ数秒遅れてしまったりします。

このソフトはそれを修正する事が出来ます。

指定した区間の演奏時間を、速くしたり遅くしたり出来るのです。

「これはかなり便利なものかも知れない!」

 

 また弾いている音量が大きすぎる箇所がありました。

そこで調べてみると、要らない「音圧」を下げる機能が付いています。それによると雑音のカットや、加工が出来るそうです。

 

「増幅」というのがそれで、そこのパートだけ小さめの音にする事が出来るのでした。 早速試すと、とてもいい感じです。

 

 凝りすぎると作業時間が足りないので、いい所で切り上げ、多重録音された物を、MP3に加工します。

それから、録画しておいた無音の映像に、そのMP3をアフレコ。

それをMP4映像データに変換。

やっとYoutubeに投稿しました。

(なんだか手間な事をしています)

 

 今回新しくアップしたのは「ゲッターロボ(旧)」のEDテーマです。

youtu.be

テクニックに関しては、毎度絶望的なのですが完成出来ました。

 

 何回も録音していると、自分の弱点もわかって来て、少しでもフラつくと、次必ず間違えるとか、難しいフレーズは必ず緊張し、固くなって指先が動かず、結局ミスを起こします。

自分一人でノンビリやってコレです。

つくづく「ミュージシャン」ってスゲェよ!!と思いました。

 

Youtubeへの投稿も非常に簡単。短い画像なら数十秒で完成しました。

 

 今回2015年11月15日のアップ時、フランスでイスラム大規模テロが発生。

「おいおい、みんな仲良くやってくれ!宗教の名のもとに絶望を生み出してはいけない!」

という事で全世界に向けたメッセージと「ファービーベイビー」を配置。今回の全ての工程を終了しました。

 

 現在、アップしている古アニソンのギターカバー動画は、世界のアニメ好きがチラ見している感じです。

なかでも「グレンダイザー」は、伊仏ヨーロッパ、中東各国でいつも視聴され、異常な人気を持っています。

 

 投稿も、簡単な機材で、音楽、映像、画像、ダンス、ハウツー、アイディア次第でいろいろなものが出来ます。

UPする楽しみ、その後の「世界の」評価と、2つの楽しみ方があります。

みなさんも、自己発信の場として使ってはどうでしょうか?

それでは、また次の更新まで!