我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「GWだ!DIYでウッドデッキを組み立ててみたヨ!」その1です。

 みなさん、こんにちは。水の心です。

今日は「GWだ!DIYでウッドデッキを組み立ててみたヨ!」です。

f:id:mizuno_cocoro:20190426204745j:plain

さぁ、皆もやってみるんじゃ

 2019年、今年のゴールデンウィークは、今上天皇生前退位による年号の変更もあり、10日近くあると言われ、ある程度固まった休暇が取れるのではないかと思います。期間中は、自分でいろいろ修理、DIYされるという方も多いと思われます。

 

 今回、自分の場合、物干し場が外にあり、毎日窓を開けての下りて上がってが苦痛だったため、何か方法はないかと思い立ち、人生初のウッドデッキの購入、組み立てをしてみる事にしました。

f:id:mizuno_cocoro:20190426205543j:plain

なんとか出来ました

このウッドデッキ正式名称は、

「極太 ウッドデッキ キット 天然木 8点セット 1.0坪
YWD-360 ブラウン
キット ステップ フェンス 縁台 ガーデンデッキ

ガーデニング 庭先

山善 YAMAZEN ガーデンマスター」

です。

 

楽天市場で購入。送料は購入時無料。

価格は、変動している様なので、ザックリ¥33,000前後。

自分は代引きの使用で、¥324の追加となりました。

 

配送は、大きめの5個の段ボールで届きました。

オジサンは搬入の時点で疲れたので、その日は、雨よけにカバーをかけて飛ばない様、ヒモでくくって終了です。

 

 キットは基本的に組み立てのみなので、簡単そうです。

なのですが自分の場合、

①掃き出し窓のサッシ枠の高さと、デッキの足の高さが合わず、段差が出来るのを、解消する為、加工する事。

f:id:mizuno_cocoro:20190426210630j:plain

完成画像。デッキ高とサッシ枠高を合わせる必要がありました

②ウッドデッキを長持ちさせる為の、塗装をする事。

f:id:mizuno_cocoro:20190426210951j:plain

はけとペンキ


が今回の課題となりました。

 

 と言うわけで、翌日から、空いている時間を使って、ちょとづつ段取りを組んでいきました。 

f:id:mizuno_cocoro:20190426211322j:plain

4面の組合せで形は変えられます

 デッキのカタログサイズは、

踏み台:幅90×奥行30×高さ18cm 重量3.5kg
デッキ:幅90×奥行90×高さ36cm 重量13kg
ラティス:幅90×奥行8×高さ45cm 重量3.5kg
コーナーラティス:幅90×奥90×高さ45cm 重量7kg

 (ラティスは木製の柵、フェンスの意)

 

キットは大きく9つに分かれていて、それぞれをボルトや木ネジで、組み立てていくというセットです。

デッキ全体の大きさは180×180cmで、広告だと1.0坪となっています。

(デッキ4面は組合せを変えて接続固定が出来、自分の思うデザインで設置できる様です。)

 

 課題①のキットの脚を採寸し、切る位置を割り出したのはいいのですが、ノコギリも無く切り方も知らなかったので、有料でカットしてもらえるというホームセンターに、持って行きました。

 

が、困った事に、ホムセンで購入したもの以外は、カット不可!

町の木工所でも莫大、銭を取られるらしく、他のホムセンでも出来るかどうかはわからない、という事でした。

 

カットする脚の数は20本。結構量があります。

「うーむ。コリャ困った。」

(実際に他のホムセン、木工所にTELしましたが、どちらも不可。安く仕上げる事。時間の節約が第2目標だったので、正直困りました。)

 

「結局、やるしかねぇ!!」

一番安いノコギリを購入しました。約¥1,000ちょっと。

f:id:mizuno_cocoro:20190426212528j:plain

人生初のノコ購入

  後日、カット作業を開始。

一日仕事になるかと思いましたが、案外早く出来、半日プラス程度で終了。木工作業はした事が無かったので難しかったです。

f:id:mizuno_cocoro:20190426212728j:plain

案外良く切れました


(カットのコツは木材を回転させながらという事だったので、やってみました。

が、まっすぐ刃が下りてなかったようで、ほぼ中心部分が盛り上がる形に切れており、最後の方でやっとこ、平らに切れる様になりました。)

f:id:mizuno_cocoro:20190426212807j:plain

慣れた頃には作業は終わります

 それから、また日にちをあけて、今度は塗装を開始。

いろいろ悩んだ結果、アサヒペン「水性ガーデンカラー」ウォルナット(色)に決定。

f:id:mizuno_cocoro:20190426212923j:plain

屋外用なので成分は結構ヤバい

以下アサヒペン商品HPから。

●木目の美しさを生かしたステイン仕上げができ、日光や雨に強く耐候性が優れています。
●撥水剤の配合により塗装直後から長期間撥水性を維持し、木部を保護します。
●防腐・防カビ・防虫・防藻効果があり、長期間木部を丈夫に美しく保ちます。
●水性で塗りやすい、低臭タイプの木部専用塗料です。
●1回塗りでは、ツヤ消しの透明着色仕上げに、2回塗では、徴光沢の半透明着色仕上げになります。

 

とあり、今回は一回塗りで、結果的に0.7Lを2缶購入。

 

水性なので、揮発したらちょっと薄めて、続いて塗れるし、後始末も新聞紙で絞った後、水道水で洗って終わり。

使いやすかったです。

 

今回、1缶と2/3を消費したという感じです。

 

 まぁ、中学生の頃のタミヤカラー以来の塗装作業です。

塗るものも大きいので、モタつきました。

 

脚部分の塗装。踏み台の塗装。

f:id:mizuno_cocoro:20190426213908j:plain

下処理は乾いた雑巾で拭いただけ


ラティス塗装。

f:id:mizuno_cocoro:20190426214016j:plain

商品自体に塗装はしてありました

後日、2日に分けてデッキ塗装。

 

 フルで一日作業できるなら、加工や塗装なしで1日~2日で組立て可能。

加工塗装ありで3日~4日くらいで出来ると思いました。

f:id:mizuno_cocoro:20190426214915j:plain

オジサン理想形のおうち

さて次回は、組み立てと、難関のラティス取付けです。

それでは、また次回の更新まで!