我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「車検の季節がやって来たヨ!」です。

 みなさん、こんにちは。水の心です。今日は「車検の季節がやって来たヨ!」です。

f:id:mizuno_cocoro:20170526210015p:plain

 そうです。また、あの日がやってきました。

「車検」の日。

自家用車を持つものは受けなければならない「自動車検査登録制度」の事です。wikiには、車が安全運行出来るかの物理的な点検と、書類登録が正常になされているかを、国土交通省の管轄で確認する、という国の制度です。

 

しかし「高けぇーッ!」

その出費はボディブローの様にジワジワ効いてきます。

 

自家用車を買わず、外出にはタクシーを使う方が、結果お得、と読んだ事があります。利便性などは引き換えにならない事もありますが、毎日乗らないならそれでもいいのかも?と、つい思ってしまいます。

 

 そして先月、任意保険代理店から継続契約で連絡が来ました。

15年年経過の我が楽しい車。

f:id:mizuno_cocoro:20170526203151j:plain

 無事故でオジサン年齢と、割引率は最大。さてその金額は?

 ・・・「36,540円!!」

「う~ん、結構かかるな?」

 

対人対物無制限、人身傷害が3,000万のコースです。

今回、コンビニ払いがオススメですよ、という事で、保険商品を決めてその説明を受けると、先に証書が到着、支払いは月末までの猶予期間があり、ゆっくり支払いが出来ました。

 

そんな中ニュース等で、私の車と同型車が、派手な事故をしているのを見ると、非常に腹が立ちます。

「事故するんじゃねぇッ!保険料がどんどん上がっていくじゃねぇかょッ!!」

 

 今回、いい機会なので、保険代理店の人に、最近多いコンビニ、病院への「老人車の飛び込み事故」の事を聞いてみる事にしました。

 

すると、沢山売れている自動車メーカーT社のハイブリッド車〇リウ〇の

「シフトノブのP・D・N・Rの配置位置」がどうもおかしいそうで、確かに、前々からそこを問題視している記事をネットで見た事があります。

 

そして、嫌でも80歳以上になっても運転をしなければならない老人がいる、という事。

認識力は薄くなり、どうやって事故になったのかも理解しておらず、警察の実況見分も状況説明がまともに出来ないそうです。(=かなり散漫な状態で運転しているという)

 

聞いたのは、この2つだけですが、老人独特の動きや考え方、車種が事故を発生させやすい状況にしている。

なので「自衛の為」にも車載カメラは付けておいた方がイイ!

との事でした。

 

自転車感覚で運転する者、社会的地位を運転に反映する者、逆走等、想像のはるか上をいくような運転、視野の狭い女性、老人、サンデードライバー、有り得ないアウトロー等々。

どうも、30年前とは確実に違う、道路事情になったと思います。

最近では、危ないので休みの日の運転は控えるようにしています。

 

 ディーラーから車検の連絡も来ます。

今回は、5月中旬に入庫する事にしました。

 

その直後、家のTVが映らなくなりました。

また丁度いいタイミングで、TVの故障です。症状は、電源が入らない。どうもコンデンサーとかの経年劣化の様です。

「ダ、ダメだコリャ・・・。」

 

更に、5年間ベッド代わりに毎日使用している、キャンプ用エアマットの空気漏れが悪化。非常にナイス・タイミングで、いろんなものが壊れていきます。

 

仕方なく、TVと折りたたみベッドを購入。

TVが22,000円、ベッドが10,000円。

f:id:mizuno_cocoro:20170526203229j:plain

「ほっておくと車検以外で、どんどん蓄えを使ってしまうゼーッ!」

 

そして車検前点検で、今回の交換、劣化ポイントが判明。

①購入3年目にしてバッテリーの電圧が最低に。買い替えを勧められる。

②前後ワイパーゴムの劣化。

③エンジンフロント部分からのオイル漏れ。

④冷却水交換。

⑤エンジンオイル、オイルフィルター交換。

⑥エンジンエアクリーナー交換。

⑦ヘッドライト濁りの為、照度不足。

⑧エアコンフィルターの交換。

⑨エンジン内部洗浄フラッシング。

 

そして大きな課題が発生。それは

ラジエーターの交換」

 

「えッ?何それッ?定期交換部品なの?」

知らなかったのですが、冷却水関係の部品は、耐久年数が存在していました。

 

詳しくは、ラジエーターの上下のタンクが樹脂部品で作られており、経年劣化でタンクが破損しやすくなる。

染み出すくらいならまだしも、外出先で、いきなり熱くて甘い冷却水が噴出すると、エンジンルーム内でファウンテン・デューッ!だそうで、これは立ち直るのに時間がかかりそうな状況です。

 

 ラジエーター、ポンプ、ホース、サーモスタット、水回りの一式交換は約10万円コース。

 

「正直、これはいろいろヤバイ」

結局、走行距離から推測し、ラジエーターは来年以降で交換、と決定し、今回はひとまずいつもの車検メニューで通す事にしました。

 

 そして車検入庫日までに、ワイパーなど自分で出来る所は自分で交換します。

また紫外線で黄色く濁ってしまったポリカーボネート製のヘッドライトは「ピカール」で磨きました。

(このピカール購入して6~7年ですが、長く使える上、ヘッドライト磨きにはうってつけ。毎月磨かないとすぐに濁ってきますが、低価格で効果も抜群。おススメです)

弱っていたバッテリーは、とりあえず自宅でバッテリーチャージャーで充電。7割方復活出来ました。

 

 今回の車検見積もり総額125,000円!

数点交換部品を減らし、重要部分以外は後回しにする事で決着です。

 

 家に帰ると「自動車税」の払い込みセップが来ていました。

その価格45,400円・・・。

f:id:mizuno_cocoro:20170526203229j:plain

「高いヨ!」

 

価格は昨年と同じ。

例えば「日産スカイラインR32GTR」は58,000円、と知り合いが言っていましたが、なんとも税額がインフレしています。

 

その封筒にキャンペーンチラシが入っていました。

ペイジーで納税」

この「ペイジー」は、市中銀行のATMからの振り込み支払いで、手数料は要らず、夜間土日関係なく利用出来ます。

 

しかもキャンペーン実施中で、期間中300名に1万円がキャッシュバック。

ここぞとばかりにペイジーを利用してみました。

ちょっとわかりにくかったのですが、振り込みに成功。

どんどん個人データがつながって行っており、仕事が簡素化していっている様です。

 

そして車検は終了し、車の引き取りと支払いでディーラーへ。

軽微な消耗部品もあり、125,730円、大体当初の説明通りでまとまりました。

 

今回、車検+保険+税金でかかった金額。

総計、207,670円・・・。

f:id:mizuno_cocoro:20170526203328j:plain

 「しかしコレ、かかり過ぎだろョ??」

 

昨年、いきなりの自動車税の年数加算の制度に、議員達が反発をしたというニュースがありましたが、それっきりで、値下げも起らず。

 

今さら100万円越えの軽自動車など買えるわけもなく

(その昔は2ドアハッチの商用軽が30万位だったような・・・)

自国の基幹産業が自動車だというのに、この乗り続けにくさ、買い替えにくさ。

「全くもって失神寸前」

f:id:mizuno_cocoro:20170526203704j:plain

「今回も何とか払ったけどサ・・・そりゃないよネ」

 

 新自由主義のせいで、国民は2極化。戦後72年目にして国の制度は疲弊。

経済は実質停滞。あらゆる分野に入り込んだ外資、癒着した傀儡政権もほころびが目立ち、混沌の度合いは深まっているようです。

 

「道路、スピード、弱肉強食」

「お前達には、失望した!」

「南の楽園を目指して・・・!」

f:id:mizuno_cocoro:20170526204724j:plain

「ロード・ウォリアーズ」

やってくる次の世界、待ってるんだけどネェ~。まだまだかかりそうだナァ~コリャ。

では、次回の更新まで!