我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「小指の皮膚が裂けちゃったヨ!!」です。(グロ注意)

 みなさん、こんにちは。水の心です。久しぶりにブログ更新です。

日々の生活に忙殺され、あまり身の回りを振り返る事が出来ません。そんなオジサンの最近変わった出来事。

今日は「小指の皮膚が裂けちゃったヨ!!」です。

f:id:mizuno_cocoro:20170907215849j:plain

うーん、これには正直、私も驚いた。

多分、こんなに広く裂けたのは初めてです。あまり気味のいい話では無いので、読みたくない人は、ここで閉じて下さい。

 

 相変わらず無職な生活を続けている私ですが、その日は、親戚の手伝いで屋外の作業をしていました。

ヨドコーを作る、との事で、土台になる1個5~6㎏のコンクリブロックを運んでいたのですが、その最中うっかり転んでしまいました。

 

うまい事に、両手にブロックを持ったまま、コロンと背中から転ぶ事が出来ました。しかし、後頭部は軽くブロックにぶつけた様です。

 

まだ8月だったので、帽子をかぶっていたのが幸いして、ぶつけた頭は、そんなに痛みません。それよりか右手の小指がひどく痛みます。

 

「うぬぅー???」

 

あまりの痛さに、ひねって捻挫したのかと、付けていたゴム手袋を外してみると、小指の第3関節に、黒い筋が出来ています。

 

さらに、ポタポタ血が垂れていきます。

「・・・・?」

 

これはおかしいと、近くの水道で洗ってみると、深く長く裂けていました。

 

どうも中から、黄色い粒々も見えています。

「・・・脂肪だ!?」

 

とっさに私は、仏外人部隊に入隊した毛利元貞氏の著作「傭兵修行」の毛利氏の事故の描写を思い出しました。(毛利氏は、1984外人部隊での訓練キャンプ中に、左手薬指を迫撃砲に挟まれ、裂傷のケガの瞬間から手術までの描写を書いています)

 

ですが不思議な事に、付けていたごついゴム手袋は破けていません。

ブロックを持ったままの形で転んだ瞬間、手の平に強烈な力が横方向に加わり、弱い手の関節の皮膚が、引き裂かれてしまった様でした。

 

手袋を脱いだ瞬間から、手袋にたまるくらい血が出ています。

「・・・・うぬぅ!!!」

 

痛みは次第に広がり、立っていると目まいがしてきたので、しゃがみ、事情を伝え、すぐさま病院に運んでもらいました。

ちょうど、その日は土曜日。

ほとんどの病院が休みで、非常に苦労して、やっと3件目で、縫合してもらう事になりました。

 

運ばれている最中も、アクビは出て眠くなるし、気分は悪くなるし、しかも便意は催すしと、結構な流血だったので、貧血か、軽い脳震盪に陥っていた様でした。

 

そして、住所を自分で書いて、ケガのあらましを伝えてから早速手術です。

「ちょっとチクリとしますよ~」

 

「ッーッ!ハプゥゥゥウッ!!」(まず消毒が強烈に痛い)

「・・・!イテェ~ぜ~!!」(局所麻酔の注射。これも痛かった!)

「・・・!イテェ~んだぜ~!!」(3方向からブスリブスリで、ちびる所でした)

f:id:mizuno_cocoro:20170907215009j:plain

「チクリどころじゃあねぇ!!」

小心者なので、あえて注視しませんでしたが、なんかゴシゴシやってたんじゃなかろうかァァァ?あぁ・・・怖いッ!

 

そして今回、不思議に思ったのは、痛い時には叫んだ方が、気持ちラクになる、という事でした。(看護婦さんは失笑です)

 

 看護婦さんの話では、指がちゃんと動いている様なのでレントゲンは撮らない。骨、腱や動脈等の血管にも損傷はナシ!という事で、かなり安堵しました。

f:id:mizuno_cocoro:20170907215050j:plain

骨折や、復元手術とか、さすがにフトコロや、時間に厳しいので、それだけは簡便なのです。

 

 結局、6針縫ってアッサリ施術は終了したのですが、当日保険証を持っていなかったので、保証金1万円を支払い、予後の通院を説明され、帰宅になりました。

 

その日も、自炊せねばなら無かったため、親戚から薄手のゴム手袋をもらってから、スーパーに寄って、パンと牛乳を購入。

 

冷や汗でビッチョリになっていたので、シャワーを軽く浴びてから、なんとか簡単に夕飯を作り、終了。

 

その日もらった薬は、抗生物質と痛み止めのロキソニン

やはり、指の疼痛は激しく、夜追加のロキソニンを飲みました。

 

 その後3日間は、頭が痛かったのですが、そちらの方が恐ろしく思われました。斜め後頭部をブロックで打っており、脳内出血でもしていれば、大変マズイ事になる。頭痛が引くまでは、ヒヤヒヤしていました。

 

 翌日からは、包帯を外して、オキシドールで朝晩消毒をし、残っていた血を掃除し、絆創膏を貼る事にしました。

(その後、調べるとオキシドールは期限切れ2年物。かえってキズを汚染していたのではないか?というオチ付き)

f:id:mizuno_cocoro:20170907215142j:plain

この手のケガは、くっつくのを待つよりは、縫った方が俄然早く、何よりあまり痛くないというのを実感しました。

f:id:mizuno_cocoro:20170907215206j:plain

 

 そして2日後。再度病院で看てもらって術後の経過を確認。

特に問題無しで、ゲンタシン軟膏をもらって回復を待つ。

そして、11日後には、抜糸。

かかった総費用は、約6,000円でした。

現在しこりが残り、ぶつけると痛みが走るのですが、いい予後の様です。

 

 約2週間でくっついて、もっと日数がかかるかと思っていたのですが、治りが早く非常に助かり、ホントに単純なケガで救われました。

(約20年前、工場で回転刃にうっかり指先を持ってかれて、斜めに飛んでしまう事故をした事があり、やっとキズがふさがった後に、足の裏から肉を持ってきて再度手術整形、という手術をした事があり、半年は不自由した事があったため)

 

 今回、痛感したのは、準備体操や、年齢にあった動きをしないと、すぐ転んだり、ヤバイ事になるという事です。いい勉強になった出来事でした。

またネタ的には飛び道具で、あまりいい話では無かったのですが、一応日記という事で更新してみたんですヨ。

 

というわけで、皆様もお怪我なきよう!

では次回の更新まで!