我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「GWだ!DIYでウッドデッキを組み立ててみたヨ!」その2です。

 みなさん、こんにちは。水の心です。

今日は「GWだ!DIYでウッドデッキを組み立ててみたヨ!」の続編です。

f:id:mizuno_cocoro:20190427104040p:plain

オジサンちょっと頑張ってみた

前回は、デッキ組立て前に、脚の切断加工、塗装を行い、そこまでは自分でも簡単に作業が出来ました。

f:id:mizuno_cocoro:20190426213908j:plain

塗装が乾くまで約2時間程度

そして、その後、満を持して、全体的な組立ての開始。

f:id:mizuno_cocoro:20190426223228j:plain

一段低い、これが踏み台です

デッキは、裏面から極太のボルトで連結して一体化、固定させる事が出来ます。

まず、サッシ側のデッキ2枚を固定。

それから手前の残り2枚を一枚づつボルトで固定するのですが、

f:id:mizuno_cocoro:20190426223445j:plain

4枚置いて固定。ラティスは積んでるだけ

奥側デッキと手前デッキの裏側のボルト接続が、狭いというか、低すぎて、手が入らない。なので、一部2本ほどボルトが入っていません。

まぁ4枚全部ひっくり返してボルト固定も、重くて一人では無理だし、デッキの自重等で、全体がズレる事はなかろうと。

まぁこれで良しとしました。

f:id:mizuno_cocoro:20190426225053j:plain

裏側に手が入らぬ

他、雨水で、脚から痛む場合があり、土の上に置く場合は、脚の下に置く「束石」というものが販売されています。今回は直置きですが、ここの加工も難しい所っぽいです。

f:id:mizuno_cocoro:20190426224913j:plain

ラティス無しだと開放感抜群

f:id:mizuno_cocoro:20190426225248j:plain

自己塗装すると色に深みが出ました

そのうち、やはりラティスも付けてみたくなりますね。

そこで、日を改めて、作業開始。

しかし、そこには結構深い落とし穴が・・・。

f:id:mizuno_cocoro:20190426230402j:plain

このL字の金具の固定が曲者

ラティスの柱の固定をこのL字金具2つと木ネジで行うのですが、打込むガイド穴は無い。まぁ、ここまでは問題無し。

 

が、金具のすぐ上の横を走る木が邪魔して、+ドライバーが真下にまっすぐ入らない。

「アレッ?アレアレッ?」

 

「板ラチェット・ドライバー」というものを検索してもらうとわかるのですが、これならこんな狭い場所でも、キコキコねじが回せます。

 

 「うーん。調べて買いに行くのメンドクサイです。」

f:id:mizuno_cocoro:20190427104040p:plain

Everything OK!

で今回のラティス取付、ほとんど斜め気味にねじ込んでしまいました。

f:id:mizuno_cocoro:20190427000151j:plain

基本的にアバウトな作り

デッキ自体は材質が杉で、柔らかいので助かりましたが、節に当たった場合、強烈に硬いので、ネジ打込みもちょっと苦労しました。

f:id:mizuno_cocoro:20190426235905j:plain

結構むつかしかった

ラティスも組立てキットになっているのですが、設計図通り組んでも、なにかしら、よじれてしまって、デッキに固定する際、結構アバウトに角度矯正しながら取り付けていきました。

f:id:mizuno_cocoro:20190427000011j:plain

こちら側もラティスなし

オジサンかがみ作業でちょっとくたびれた。

f:id:mizuno_cocoro:20190427000350j:plain

一枚余ってしまわれた

とは言え、完成すると風景が一味違うものになりました。

f:id:mizuno_cocoro:20190427000558j:plain

高さもピッタリ

 やはり、デザインは洒落てます。

 

その昔、自分の生家には、長い縁側(廊下)があり、子供の頃は、座ったり、寝転んだり、庭を眺める事がありました。

 

しかしボロイ家で、ゴエモン風呂は壊れたまま。雨戸はレールの痕跡しかなく、廊下は雨ざらし。鍵と言えば「ひっかけ鍵」くらいで、なんとも明治?昭和初期?建造だったかも知れない、趣き深い木造家屋でした。

 

さて現代。

3万ちょっとで、洒落たウッドデッキ・スペースが手に入る、というのは感動です。

 

組立て自体は、極簡単。ボルトのガイド穴も開いており、既に塗装もしてあります。

永続的な雨水、湿気対策、ラティスのネジ打ちには工具が必要と思うのですが、全体的に手間いらず。

なかなかナイスな商品だと思いました。

f:id:mizuno_cocoro:20190426205543j:plain

このGW、空いた時間を利用して、DIYいかがでしょうか?

f:id:mizuno_cocoro:20190427104040p:plain

面白い経験でした

では、次回の更新まで!