読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我慢なので。懐古中年、Goes on!

無職を続ける、好き嫌いの激しい中年が、80’sアニメ、音楽、映画等、趣味を懐古しながら、日々の生活を節約し、我慢を続けて行くブログ。

「同人原稿」発掘です。

日記

 みなさん、こんばんわ。

おとつい書いて、推敲していた、一回目の記事を送信し、続いて今日の記事を書く事にしてみました。

 

 早速始まった、水の心ブログ。

「なんだ、このアイキャッチ画像というものは?」

始めたのはいいが、ブログ機能の細かい所は、全くわかりません。

 

 「そうだ、画像が要るなら、イラストを描いてみるのも、いいのではないか?」

そこで、押し入れから、画用紙でも無いかどうか、段ボールを開けて確認していたところ、漫画原稿が出てきた。

「これは非常にマズいんではないか?」

 

 人生40年も生きると、色々マズイものが出てきます。

私は、約20年前の同人関係のアレコレです。

昔、趣味でデッサンやら写真の模写を描いてましたが、何回か、仲間内で同人誌を作り、その後、声をかけられたインディーズの出版社に、参加したのでした。

 今は知りませんが、当時コミケで、そこそこ売れたり、評判になった作家は、簡単にデビューする事が、出来ました。

 

「オイオイ!こりゃ凄いぞ!」今でも思い出される高揚感です。

確かに、数回同人誌を作っただけで、漫画家デビューとは、正直驚きました。

 

 ・・・・しかし、何でも、やってみないとわかりません。

 

 隔月16ページの、商業漫画は、最初は気合いが入っていましたが、後半は、かなりキツイものでした。

 

 ストーリーは単発で、毎回練らなければならない。

更に、作画の技術、漫画の表現、効果方法も高くないと、自分が面白くないし、まず漫画になりませんでした。

 

結局、複数巻参加し、ネタ切れ。

地元の同人活動も、空中分解、自然消滅。

私自身、それから原稿用紙に向かう事は無くなりました。

 

 「これは非常にマズいんではないか?」

私既に、40代。

非正規~無職時代は長く、軽く5年は、健康診断など受けた事は無い。

このまま、原稿を残置しておいて、ポックリI'm dead.の場合、遺品整理の際、かなり愉快な状況になる可能性がある。

また新聞紙と一緒に、資源ゴミとして、隠ぺいするが、まるのまま出した場合、何かの偶然で、中身がぶちまけられてしまったら?

ゴミ出し場は、駅に向かっていく、人通りの多い歩道上です。

 

これは、かなりの重圧です。

 

 そうだシュレッダーだ!

実は3年前に、こんな時の為に、購入したのです。

が、購入して初日、同人誌の破断作業開始15分で故障。それきり購入はしていません。

ちなみに、現在では、手回し式のシュレッダーさえも、購入する余裕はありません。

 

 結局、確実なのは、人間なんです。人間の力。人力!

 

そこで、家で一番良く切れる、調理ばさみを用意し、片っ端から、切り刻んでいくことにしました。

 

 B5からA4原稿、セリフ、コマ割りだけの下書き。原稿にはトーンも、写植もバリバリに貼ってあります。

切断作業中は、「なんで全部B5サイズで、原稿描かなかったかなー?」と後悔しながら、切り刻んでいきました。

 

 切りながら、少し目に入った生原稿は、自分が思っていたより、しっかり描かれていました。

大体において、つまらないストーリーだったのですが、今自分が見て、面白い「漫画」があった事。

未熟なりに、その時、頑張っていたのが、20年経って客観的にわかりました。

 

 さて人力シュレッダーに、かかった時間は15時間。

役場指定の透明の、ゴミ袋の中には、ちらちら写植が舞いながら、細かく切っていても、Gペンで描かれた描線がわかりました。

「しかし、Take it easy.わかりゃしねえです」という事にしました。

 

 今も、酷使した、右手首は痛みますが、成功です。やりました。

20年前の過去を成仏昇天させることに成功しました。

自分の子供の失敗を、片付ける気持ちで、頑張りました。大人です。

 

 ブログを始める事で、止まっていた時間が動き始めた様です。

アイキャッチ画像」は、また次回への課題にしておこうと思います。

一日一回書いて行く事を目標に、また明日。